初心者用の外為取引のテキストでは、「差損が生じたケースではナンピン買いをすることで、ポジション全体の価格を低くする」等書かれていますが正直に言うとそれにはかなりの落とし穴があると考えます。借りれる金融

まずは、ナンピンの手法に関してごく簡単に記述します。鳩のふん

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。麻雀無料

$(ドル)買いだからドル高に進むほど黒字が大きくなりますが、反対に1ドル95円まで円高・ドル安に推移したとします。すっぴんメイク ccクリーム

その場合ポジションを所有し続けたら、プラスになるためには損失分ドル高に動く必要があります。ライザップ 六本木店

誰でも、赤字は可能な限り早く取り戻したい思うでしょう。ダイエットエステ 予約

そのためはじめに売り買いしたのと同じ額の$を、1ドル95円でエントリーします。ライザップ 天神店

そうしたら、平均の買い付け価格は97円50銭まで下げることができますつまり、2円50銭の幅でドル高に推移すれば損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピン買いの原理です。

ナンピンの方法を耳にすると、「なるほど」という風に思うが、市場は容易には上手くはいきません。

1ドル95円が下限だとということなどなんびとも想像できません。

マーケットがかなり強い円高ドル安トレンドだとすれば1ドル95円では収まることなくより円高ドル安にいく確率があります。

ひとつの例として、97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピン買いをした分についても為替差損が生まれます。

こういう状況では初めに注文したドルと全部でより大きな為替差損を被ることになる。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいのだ。

それなら、マーケットがあなたの台本とは逆向きに向ってしまった場合どの術でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

ここで選択できる道は2つあります。

ひとつめは潔くあきらめて損失を確定する事です。

もうひとつの方法としては、現在、自分が持っている買いポジションを小さくする事で、市場が回復するのをひたすら待つ事です。

かなり控えめな術だと思う投資家もいるだろう。

しかし、持っている買いポジションに為替差損が出た場合、一番リスクが低い術はこの他にはあるはずがありません。

理論上はナンピン買いという考え方も有効です。

だがしかしナンピンはあなたが損をしている場面で買いポジションを無くすどころかそれとは逆にポジションを増やしていく対策です。

この考え方では、危険を制御することなど、どこをどうやっても無謀だ察するべきです。

ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれない。

でも、そうなる前に資金がショートしてしまうだろう。