FXで投資する良いところは、単独の投資の商品であるのに、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の中からどれを選定するのかで、出資のやり方が変わってくる点にあると言われます。

第一には外貨投資の「長い時間をかけるスタンス」について詳しく見てみよう。

長期投資というものは、一年以上の長期の投資を想定しているのが普通です。

まず為替相場で、一年以上も後々の相場は円高であるか、それとも円安になっているかを予言するということは多くの場合難題かと思います。

ほとんどのケースでは「そんなにも先の動きは予知できない」と思うのが本音だからです。

未知なものをがんばって推測しようと努力してもそんなことは無謀な行為なのです。

そういったことから、外国貨幣を買ったら、その時のレートよりも円高に変わったとしてもその損失分はそのうち戻ってくるはずだくらいの感じで取り組むことが大事です。

為替の差益を無理に追いかけるばかりでなく、別の方法での差益要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を上げるというのを、初めのゴールということにしてやってみましょう。

無論少しの間に為替変動による損がすごくなってしまうことがあります。

そういったことからそんな損にも影響の少ないようレバレッジをなるべく少なめに売買する心がけは大事です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失が一定金額を上回って広がってしまうと、追い証(追加保証金)が発生したり、あるいは損切りになったりします。

ストップロスがかかったらその場で売り買いを清算せざるを得なくなり、長期のトレードが厳しくなります。

こういったリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売り買いするのがベストです。

2番目に中期のスタンスのケースのやり取りを見てみましょう。

中期投資では最大でも1?2ヶ月位後を予測しての売り買いです。

為替売買の場合、1ヶ月先のことであれば、ほとんどの場合想定できるな場合が多いでしょう。

G7を始めとした各国の論議であったり為替の市場で売買している人たちがどんな問題に着目しているかを考えてみればいくぶん想定できるでしょう。

こうしたファンダメンタルズをチェックしながらなお、チャートを見ることで、為替相場の動向を把握する事ができどちらのポジションかを見極めるのがいいでしょう。

基本的に、経済の基礎的条件とテクニックのどちらも良い方向でありあるいは買い傾向が同じ時は、まずその様に動いていくと考えて良いのです。

その時は持ち高を増やすことで多くの儲けを狙っていけるはずです。

第三に短期のスタンスの要点。

ここでいう短期スタンスとは、いわゆるデイトレードのことを示しています。

為替でデイトレーディングをするには、経済情勢はいっさい影響がないと思います。

というのも明日の為替相場の変動に経済情勢は反映されないからです。

ここでの最大の重要ポイントは注目されるイベントがある時、それにより相場が動くチャンスを見過ごさないようやり取りしましょう。

たとえばアメリカにおいて雇用の情勢が公示されるもしくは金融政策が行われることによって金利が変動するといった催しごと。

こんな絶好の機会に動きを逃さないといった意味で、短期のトレードは様々な知識が必要となる。