FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引という取引があります。いつもの外為業者と商業取引を行うという行動を「店頭取引」と言いますが、この取引は取引所を通過させないで売買のパートナーは外国為替証拠金取引(FX)会社になるのです。「取引所取引」という場所はFX(外国為替証拠金取引)会社はあくまで仲だちであるので、率直の取引対象は取引所という訳になります。その違いをただ今いくらか比べてみます。「店頭取引」の次第は一時預かりしている資金はFX(外国為替証拠金取引)会社にコントロールされているのです。片や「取引所取引」の際、こちらの資金は全てのお金取引所にデポジットしなければいけないと義務づけられているのです。そうする事で万が一外為(FX)会社が破産するという問題があっても、後者は、取引所によって資金は全ての額防衛してもらえることになるのです。店頭取引の際は外為(FX)企業がコントロールしているため、景況により業者破産のつけをに及び預け入れていたお金はガードされないのです。及び税金を考慮しても両者双方取り決めに違いが存在します。「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として賃金と合計で申し出をしないといけません。しかるに確定申告せず大丈夫な時もあるとの事ですので、自己に共通するか当てはまらないか念入りに調査をお願いします。もし貴方が労働者で年収二千万円以下給与の所得以外の所得が20万円以下(いくつかの会社から給料の所得がなし)といった内容を守っているのであれば例外措置という訳で確定申告は不要でOKです。外為利益が20万円以上の場面は確定申告をしてください。税の割合は収益に追随して5〜40パーセントの6個の段階に振り分けられており、所得が高いのなら税金も上がります。「取引所取引」では、もうけがあった折は他の収入とは分けておいて「申告分離課税」の対象となります。税率はすべて20%となるんですが、もし欠損が決まったのであれば「取引所取引」の利益として赤字分を次年以降に先延ばしという事が可能です。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なタックスになるときも大いにあるので比べてみて考えた方が良いでしょう。ひときわ不慣れな者の方は、ジャスダック株価の上がり下がりや円の状況に日ごと気を配り、黒字やマイナス分にスリリングなあまり、税金を支払わなければならないという事態を忘れがちになることもありますので、気をつけましょう。損金は困ります。でも、実収が高騰すれば税金に関しても増えるので神経を使うのと自覚が重大ですね。