はじめたばかりの人向けの外為取引の情報では、「損失を被ったケースではナンピン買いで全体の価格をコントロールする」等助言されていると思いますが現実的にはナンピンには相当の危険があります。はじめに、ナンピン買いのロジックに関して分かりやすく述べます。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いですから、ドル高に動くほど黒字が大きくなりますが逆に1ドル=95円まで円高ドル安方向に向ったとします。このままの状態で維持し続けたとしたら損失が戻るためには損失分、ドル高に進む必要があります。誰でも、赤字は早急に取り戻したい思うでしょう。この状況を打破するためはじめに売買したのと同じだけのドルを、買います。これで、ポジションの平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。言い換えると、半分の幅で円安が進めば損失を失くせます。それが、ナンピンの理論です。ナンピン買いのロジックをみると「確かに」と考えたりするが、易々と上手くはいきません。だいたい、1ドル=95円が底値だということなど想像できません。例として、相場がかなりのドル安基調であるならば1ドル=95円では下げ止まることなく円高ドル安に向う可能性は高くなります。仮定として、97.50円でナンピンをするとしても、1ドル=95円までドル安になったとしたら、ナンピン買いをした分についても、差損が生まれてしまいます。その状況では、一番初めにエントリーしたドルと全部でより大きな損が生まれます。この通り、ナンピンは難しいです。ならば、マーケットが自身の台本とは逆の方向にみるみる向う場合どの対策で危険性を軽減すればいいのでしょうか。ここで選ぶべき対策は2つあります。まずひとつは覚悟を決めてポジションを諦める事です。もうひとつの手段としては、今、自分自身が所持しているポジションを減らす事で、もう一回市場が戻るのを待つことだ。かなり主体性のないやり方だと思う人もいるでしょう。だけど、持っているポジションに損失が生まれた場合、一番危険の少ない手段はこれ以上のものはないです。なるほど、机上ではナンピンをするという対策もあるように思えます。だがしかしナンピンは、自分が損失を出している場面にもかかわらず、買いポジションを小さくするどころか、それとは反対にポジションを積み増していく方法です。この手法では、危機を削減することなどとても可能ではないと思ったほうがいいです。ナンピンをし続ければいつかは儲けが出るかもしれません。しかし、それ以前に資金がショートしてしまいます。