外国為替平衡操作(為替介入)という言葉を聞いた事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、テレビのニュースネットのニュースで確認した人もたくさんいると思います。元より為替介入(外国為替市場介入)は日本では、◯大臣(財務大臣)為替のレートの安定化を実現させるために使う方策ということで見なされています。わかりやすく言うと、激しい円高・円安が起きると財務大臣のお達しが出ると日銀が円を売買して円相場の安定を狙うというものです。為替介入とはいくつか種類があるのです。1.単独介入・・・行政もしくは日本銀行が、東京市場の中で自主的に市場に入って来て介入をする。2.協調介入・・・銀行などが相談のうえ各銀行などが資産を活用して一緒または時々為替介入(外国為替市場介入)を実行する。3.委託介入・・・他の国の銀行などに為替の介入を委ねる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに成り代わって為替介入(外国為替平衡操作)をする。この通りやり方です。いずれの為替の介入も短期に、あるいは引き続いて為替市場に多くのインパクトを与えるのです。介入の資金は当然ですが国家の面子をかけて行なうのですから桁外れです。円を基本にしてみると、普段は少しだけ動いている為替レートが一気に大きく変化をします。投資家の方なら一回は体験したと考えますがこれまでスムーズに含み益(あるいは含み損)を増やしていた保有高をキープしていたにもかかわらず、その持ち高が決済しましたという情報がFX業者の人間からメールが届き・・・どれだけ儲かったのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済後の通達を確認したところ自分で考えていた結果とは正反対の内容で目を丸くした例がよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた際によくある話なのです。この例のように為替介入を実施すると、為替市場の流れと逆の変動をすることがわかります。なおかつ変動する金額の幅は相当大きく変動しますので用心が必要です。