この度は為替市場における基本理由とは何かについてのお話をします。為替を簡潔に言うと「直接金の送金をなすことなく金銭の受け渡しの趣旨を為し遂げるやり取り」なのです。よく為替市場とはおおかた外国為替について指すという事が一般的です。外為といえば二つの国のマネーの取り替えを行う事です。外国へ旅行(スペイン、タイ、アメリカなど)をしていれば当然国際の為替の経験をしたことがあります。銀行窓口で外国の通貨へ両替をするのであれば、まさに外為です。為替のレートを簡潔に説明すると買いたいと思っている人と売りたいと思っている人の額を意味するものです。銀行同士の取引の結果決定されるものです。それはマーケットメイカーと呼ばれる世界の複数の銀行です。為替相場は周りからの影響を受けても休む暇なく時間ごとに変わります。為替レートを変動させて行くきっかけとして、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズとは経済の土台やいろいろな要素のことを表すものです。経済成長や景気の状況、金融政策、貿易収支、失業者数、有力者の一言などの原因が関わって為替レートは変化して行きます。この中でも貿易収支と無就業者数は重大と考えられます。経常収支とは何かと言うと、日本では財務省からの用命で日本銀行が輸出入統計を基に取りまとめた他の国との一定時期の経済上のやり取りを書いたものです。国際収支は中央官庁や日銀のHPなどで開けます。就労者の統計、無臭業者数も影響を与える要素です。格段アメリカ合衆国の就業者の統計は重要とされます。月に一度発表され検証のねらいがワイドなことが特徴です。為替の相場の変動は各国の経済の推移を指しているので。その国の経済の推移を見ることにより為替の変化見通しができると結論付けられます。