「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を取引して利益を生み出す商品です。売買の注文の価格は四六時中変化しています。これが為替レートです。ラジオを聞いているとドル円やユーロ円のニュースが流れる場面があります。例としてあげると、「ただいまのドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを提示しています。すなわち、外為取引には買いと売りの2個の値段があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で提示している業者もあったりします。普段は買値よりも売値のほうが低く決定されています。あなたが買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。この差額をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎといわれています。スプレッド幅はFX会社によって変化します。スプレッドの狭さは支出となるので狭いFX業者をセレクトしたほうが得です。ただ、場合によってスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。例として普段はドルと円の組合せで1銭のスプレッド幅だとしても、相場の変化がとても大きいときには3銭、4銭になります。ですから、スプレッド幅が狭いのと同じくらい、変化が少ないのが重要です。動かないスプレッドの狭さを表示する業者も存在しています。リアルにFX会社の取引画面の上で現実の相場を確認しなければ判別できないので手間がかかりますが重要な事です。大切な資金を投入して注文しますので、本物のトレードの前に心惹かれたFX業者の口座開設を試して示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。同じ通貨でも、そのときの為替相場の状態によってスプレッドは変わることがあります。いつもはインターバンク市場で取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの広さが小さくそれ以外の外貨ではスプレッドの差が拡大するのが普通です。