ようやく売買する時という局面では、一番に事前準備を怠ってはならない。トレードを始める前、相場を理性的に観察する事ができるゆとりがあります。だが、いったん取引の中へ踏み込んでしまうと、受け取り方が自分勝手なものになってしまいがちで、時として真っ当な見方が出来なくなる。リスクがあります。その分自身の頭が冷静な場面で、きちっと準備をしておくことが不可欠です。事前準備するためには、何はともあれ自分だけの台本を記す事から行います。これからの為替相場は下がる(または上がる)から米ドルを勝負するといった、あなただけのストーリー展開を考えていきます。次はローソク足チャートをチェックしよう。これまでの市場の上下動を確認して、現時点の相場を見ます。そうすれば、「今日は結構安すぎるレベルになっているな」など、そうでなければ「もう多くの投資家の方々が取引しているから今さら遅れて取引しても今はもうやりようがない」ということが判断できます。もちろんもはやエントリーするのがなすすべがないと思っていたら、エントリーしないで、その場面では割り切ることが肝心。無理に自分なりの脚本を譲らずに、吹っ切らずに取引すると相場に跳ね返されて、むしろ損をすることになる可能性があります。ただしかなりのケースで準備が整った自身のシナリオを描いておくと、仕かけるのが手遅れという具合にはならないだろう。大方、実際に外国為替市場が動意づく前の状況のはずだからです。その次にとりあえず自身がエントリーしようとしている外貨ポジションの上下の動きを把握する事が肝心。例としてドル高に向うという筋書きを書いたのであれば、該当する外貨の動きに注意を払っておきます。為替相場の動きを確認し始めたときではまだ誰の眼にも明らかに上下動する気配を見せないで、上下に細かい上げ下げを繰り返しているだけでしょう。しかしながら、その動きをじっくりと見ているとある位置で確実に、ドル高へと外国為替市場が変化し始めます。この場面で初めて、ドルの新規注文を出すのだ。ここまで慎重に用意を考えておけば、その取引で利益を上げる割合は割合大きくなります。